2017071002
(キャンプブログ:夏の涼しいテント選び方)






我が家は年間50泊を目標にしているので暑い真夏のキャンプも、もちろん行きます。夏場にキャンプをする上で、いかに快適に過ごすかが真夏のキャンプを乗り越えるコツだなーといえます。




年間を通じて7月の梅雨明けから9月までは、夜も寝苦しい熱帯夜が続きます。自宅にいる時は冷房をつけて快適に就寝しますが、キャンプではそういう訳にはいきません。暑ければガマンをするしか選択はありませんね。



では、どうすれば快適に暑い夏のキャンプを乗り越えられるか、私なりに思うことを記事にしたいなーと思います。




2016031402





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram 






テント:

2016041603







夏のキャンプを快適に過ごす方法として、扇風機をつけたり服装に気をつけたり個々にいろいろな対策をされると思います。


わたし的には、夏場快適に過ごす最も大事なことはテントだと思います。テントが夏仕様でなければ、いくら対応しても涼しくはありません。





夏場におすすめなのが、インナーがメッシュ仕様のテント。風通しがよく、熱がこもりにくいです。外側のフライシートを巻き上げると良い風が入ってきて他のテントより快適に過ごせますね。

2016041604







真夏にキャンプを快適に過ごそうと思うなら、インナーがメッシュの方が良いですね。それに出来ればワンポールテントの方が設営に時間がかからないのでおすすめです。















タープ:

2016041606





夏場は、必ずタープと併用して下さいね。夏の陽射しをある程度は、防いでくれます。タープはどんな生地でもいいんじゃないかと思われているかもしれませんが、出来ればコットンのタープがおすすめですね。



皆さんが多く使用しているポリエステルのタープよりコットンの方が遮光性が高く断然涼しいです。張り比べて見ればわかるんですが、影の濃さが全然違いますね。夏場は、非常に暑いですから出来る限りの対策をした方が良いと思います。




上記の写真に写っているのが、タトンカタープです。タトンカタープは使用人数によって種類がわかれていますが、我が家が使用しているのはタトンカタープ2tc。主に、夫婦で行くことが多いので2tcで十分なんですね。















木陰:

2016041602





最も涼しく過ごせるのがオープンタープを張るより木の木陰です。木陰にかなうタープはありません(苦笑)フリーサイトでテントを張る場合は木陰を出来るだけ選んでくださいね!



やはり、木陰のあるサイトは人気です。遅い時間にキャンプ場に着くと、木陰サイトは残っていません。サイトがフリーの場合は早い時間に自宅を出発をして、出来るだけ良いサイトを確保して下さい。







まとめ:

2016041604





夏場に快適に過ごすには、インナーがメッシュの方が良いですね。フライシートを巻き上げれば風が入って心地よく就寝が出来ます。


夏用のテントを持ってないなーという方は、安いテントでも良いので夏用のテントを購入されることをおすすめします。





以上、「夏のキャンプのおすすめ!涼しいテントの選び方を紹介します」でした。


 


アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!