2017041706
(キャンプブログ:雨キャンプ)






最近は、キャンプブームということもあって、人気のキャンプ場は非常に混んでいます。ゆったりキャンプを楽しみたいなーと思っても、混雑しているとできません。







雨の日はキャンセルをする方もおられ、キャンプ場は割りと空いていますね。来られている方も少なく、ゆっくりとキャンプができます。のんびりキャンプを楽しみたいという方は、雨の日が良いですね!晴れの日と雨の日では、キャンプ場の雰囲気が全く違います。


雨キャンプは面倒で不安もあると思いますが、行って見ると以外に楽しめたりもします。台風や強い風が吹き荒れそうな日以外は、雨の日のキャンプは、おすすめです。






雨キャンプは必要な物を持って行けば、結構快適に過ごせます。今回は、雨キャンプの必需品を紹介したいなーと思います。雨の日は、あまり経験がない方は、ぜひ参考にして下さいね!











20156021010




お気軽にフォローして下さいね^^
 
Instagram









設営や撤収:

2017041705





雨が降っている日は、晴れの日と違って割りと大変です。手際よく設営や撤収をしなければ、荷物も濡れてしまいますからね!






雨が降っている時、幕の設営や撤収のコツとして、一番大事なことは雨が弱くなる時まで待つということ。以外に簡単なことなんですが、雨の強い時に撤収する人をよく見かけます。


雨は、どれだけ強く降っていても必ず弱くなる時があります。その時を狙って一気に、設営や撤収をして下さいね!自分も濡れませんし荷物も大丈夫です。




雨の降り方は、ウェザーニュースの雨雲レーダーなどを確認して下さいね。雨が弱くなるタイミングがわかると思います。

2016022805










雨キャンプの必需品:



雨キャンプをする上で、必要な物。雨キャンプの必需品を紹介したいなーと思います。下記の物があると、雨のキャンプも安心して過ごせます。


雨設営や雨撤収も割りと、スムーズに出来ると思うので、参考にして下さいね!我が家も雨の日は、必ず持って行ってます。





雨具:


2017070801






レインコートやレインウェア、 レインポンチョなど雨の日の装備を持って行って下さいね!傘しかないという方は、設営や撤収の時に少し動きにくいですが、傘だけでも大丈夫だと思います。



そして、必ず持って行って欲しいのが長靴です。雨の日は、サイトのコンデションが最悪です。砂利サイトなら大丈夫だと思いますが、水はけの悪いサイトなら地面が泥でグッチョリしています。そんな時に、長靴があると便利なんですね!


この日も、長靴があって非常に助かりました。


2017041716






ゴミ袋:

2016021606




雨撤収の場合、雨でテントが濡れています。水を含んでいるので、そのまま車に積むと、車の中が水浸しになってしまいます。そんな時は、ゴミ袋に幕をいれると車の中が濡れたりしません。


長靴や濡れた服もいれられるので、数枚ゴミ袋持っていくと非常に便利です。泥で汚れたペグやガイロープなどを入れられる、小さい袋も持っていってくださいね!




大きいゴミ袋は、最低3枚はいると思います。濡れたインナーテントとフライシート、グランドシートで使います。







洗濯バサミやハンガー:

2017070804



洗濯バサミやハンガーがあれば、濡れたタオルや靴下などを乾かすことができます。暖房器具があれば、その近くで干しておくと、すぐに乾きます。


100円ショップで置いてある、洗濯ロープでも良いと思います。洗濯ロープは、雨の日だけで使うのではなく、晴れの日でも使えます。



洗濯ロープを2重にすると、シュラフを干したりもできます。あると便利なので、道具箱に常時入れておくことをおすすめします。





マイクロファイバー:

2016011501




マイクロファイバーは、高い吸水性と速乾性があるので、タオルより使い勝手が良いです。濡れたキャンプ道具や幕もサッと拭けるので便利ですね!


我が家は、ダイソーで購入したマイクロファイバーを数枚持って行っています。雨の日以外にも、結露で濡れた幕も拭けるので、常時持って行くと大変重宝しますね。あると便利ですよ!





ほうき:

2017070806






雨のキャンプは、”ほうき”を持って行くことをおすすめします。大きいのではなく、小さいほうきがあると、非常に便利です。


テントの下は、汚れ防止でグランドシートを敷いています。グランドシートは、雨の侵入も防いでくれるので、必ずテントの下に敷いて下さいね。グランドシートは、テントより小さく折ります。そうすることによって、雨が入ってきません。






グランドシートですが、雨の日は結構泥がついています。その泥をほうきで掃いて取り除くんですね。そうすることで、きれいにグランドシートが片付けられるんですね


自分が思っている以上にグランドシート汚れているので、ほうきがあると非常に助かりますよ!




小さく切ったシート:

2016021707




少し見た目が悪いんですが(苦笑)荷物を運ぶのに便利なのが、小さく切ったシルバーシート!ブルーシートでも良いと思います。


雨の日は車から幕内に荷物を移動する時に、どうしても濡れます。すぐ近くならいいと思いますが、離れている時は大変ですね!


ブルーシートやシルバーシートをちょうどいい大きさに切って、荷物にかぶせて運ぶと濡れることがありません。非常に便利ですよ。見た目が悪いんですが、あると重宝しますね!





まとめ:

2017080201







雨の日に、テントとオープンタープを使われる方は、オープンタープの中にテントを入れると、出入りする時に便利です。それにテントを設営、撤収する時に濡れません。おすすめの張り方ですね。




雨の音を楽しみながらキャンプをするのは、非常に雰囲気が良いですね。我が家は、雨のキャンプは結構好きです。

でも、雨の設営や撤収を工夫しないと、快適には過ごせません。雨キャンプを楽しみたいなーと思われる方は、是非参考にしてくださいね。


以上、「雨キャンプ必見!あると必ず役に立つ、雨キャンプの必需品をブログで紹介します。」でした。




アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!