2016011717
(キャンプブログ:笠置キャンプ場)








京都で人気があるキャンプ場といえば、笠置キャンプ場だと思います。オンシーズンは、かなり人が多くて混雑をします。遅い時間だと、いい場所を確保できないですね。






笠置キャンプ場の魅力は、チェックインとチェックアウトが自由!好きな時間に幕が張れます。そして、利用料金が低価格。1人1泊600円でキャンプができます。


サイトは、フリーサイトで車を乗り付けられるんですね。サイトのすぐ横が木津川になっています。川が横にあるので、とても雰囲気のあるキャンプ場だと思います。




今回は、大阪や京都市内から割りと近くて、利用しやすい笠置キャンプ場を詳しく紹介したいなーと思います。まだ、行ったことがない方は、ぜひ参考にして下さいね。







2016071108





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






詳細:

2016011703





三重県から来られる場合は、山道をひたすら上り下りをします。道はそれほど狭くはありません。途中、木津川が左手に見えます。それが、なんとなく雰囲気がいいんですね。笠置キャンプ場に来たなーって感じがします。


笠置キャンプ場は、京都と奈良と三重の県境にあります。それ程、山奥ではなく大阪や京都市内からも、比較的アクセスがいいですね。







笠置キャンプ場の詳細は下記の通り。大人1泊600円。子供1泊300円で利用できます。比較的、低価格で利用できるのが、ありがたいですね!


笠置キャンプ場

住所:〒619-1303 京都府相楽郡 笠置町大字笠置佃
京都府相楽郡笠置町木津川河川敷
アクセス:京奈和自動車道山田川ICから国道163号で上野方面へ、または名阪国道大内ICから国道163号で木津方面へ。北笠置交差点を南へ、橋渡ってすぐ右手に現地。山田川ICから18km、大内ICから21km
料金:清掃維持管理費=1日大人(中学生以上)300円、小人(小学生)200円(1泊の場合は2日分)/
















温泉:

2016011718






笠置キャンプ場の近くには、温泉があります。とても近いので歩いて行ける距離なんですね。キャンプに行って、ついでに温泉を楽しむのも良いと思います。







お風呂が遠くにある場合、車の運転があるのでお酒が飲めません。笠置キャンプ場は、歩いてお風呂に行けるのでキャンプ場に着いてすぐ、お酒が飲めるのも良い所!






笠置キャンプ場を利用するとわかさぎ温泉のクーポン券を頂けます。クーポン券があると、少しですが割引があるのがいいですね。


わかさぎ温泉

大人:800円→700円
子供:400円→350円
営業時間:午前10時~午後9時
(受付は午後8時30分まで)





(わかさぎ温泉 笠置いこいの館)

風呂: 男女別内風呂男女別露天風呂 風呂の種類:泡風呂、ジャグジー、打たせ湯、寝湯、サウナ、遠赤低温サウナ
温泉: 温泉です(わかさぎ温泉)
源泉掛け流し: 循環式または貯湯式
泉質: 炭酸水素塩泉
 休憩施設内容: 休憩ロビー、広間(いずれも無料)





※わかさぎ温泉は、ボディーソープとシャンプーの備え付けあります。なので持って行く必要は、ありません。











管理棟:

2016011707








上記のプレハブで作られた建物が、管理棟です。朝から夕方まで、当番で受付をされています。笠置キャンプ場に入る手前にあるので、そこで料金を支払って中に入ります。






早い時間帯や遅く来られたときは、受付には誰もおられません。その場合は、のちほどサイトまで取りにこられます。


下記は、1日当たりの利用料金です。1泊する場合は×2ですね。大人1人、1泊なら600円になります。




笠置キャンプ場の料金(1日あたりの利用料)

大人:300円/1人
子供:200円/1人
チェックインとチェックアウトはフリー。





我が家は、夫婦で1泊したので1200円を支払いました。料金に関しては格安のキャンプ場だと思います。


チェックインとチェックアウトがフリーなので、キャンプ場に朝から入って夕方までゆっくりできます。1泊でも、ゆったりとキャンプができるのが良い所。






 
サイト:

2016011719







笠置キャンプ場の場内に入る道は、結構狭いですね。大きい車で来られる方がいるので、慎重に運転をしたら問題はないと思います。ですが注意して入って下さいね。




笠置キャンプ場の近くにJR笠置駅があります。キャンプ場のすぐ後ろは、電車が走っているんですね!とても雰囲気がいいですよ。

IMG_9700







笠置キャンプ場の前は、木津川が流れています。夏場は川遊びができますがそれ程、綺麗な川ではありません。近くに民家が多いので仕方がないことなんですが、、。

2016011705








笠置キャンプ場が人気がある理由は、車が乗り入れられるフリーサイトだということ。好きな所に幕が張れるんですね。フリーサイトなので、大型幕でも張れます。


区画サイトより、やはりフリーサイトの方が開放感がありますね。フリーサイトの方が好きだという方は、多いと思います。

2016012509

2016012510

2016012104

2016011705









笠置キャンプ場の場内は、結構広めのサイトです。しかし、オンシーズンはかなり込み合います。いい場所を確保したいなーという方は、早めにチェックインをおすすめします。





我が家は、オフシーズンに笠置キャンプ場を利用するのが多いです。オフシーズンはそれ程、込み合わないんですね。なのでゆったりとキャンプを楽しめます。


わたしが思うのは、オンシーズンより冬場のオフシーズンの方ががおすすめですね!冬場の笠置キャンプ場は、ソロやバイクで来られている方が多いので静かにキャンプを楽しめます。






冬場は、川が横にあるのですごく冷えますから、服装には注意して下さいね。

2016011702







わたしが特に気に入っているのが、笠置キャンプ場は直火が出来ます。他のキャンプ場を探しても直火が出来るキャンプ場って中々ありませんね。


直火をしながら、ガンガン焚き火をしたい方にはおすすめです。道を挟んで川の方は、直火が出来ます。向かって右の方ですね。向かって左の方を利用する場合は、直火が出来ないので焚き火台使用して下さいね。

2016011706

2016011704





ゴミを捨てられる:

2016011712






燃えるゴミ、ボンベや缶も捨てられるので非常に便利です。キャンプ場によっては、ゴミが捨てられない所やお金を取られる所がありますからね。



笠置キャンプ場は無料でゴミが捨てられます。ゴミを持って帰らないといけないから面倒だなーということはありません。







 
炊事棟:

2016011710







炊事棟は、2ヶ所あるので込み合うことはないと思います。割りと掃除が綺麗にされているので、とても使いやすいですね。

2016011716




冬場は、すごく水が冷たいんです。ですから、冬に笠置キャンプ場を利用する場合は、必ずゴム手袋を持参して下さいね。わたしも冬場は必ず持って行きます。




 
トイレ:

2016011714







笠置キャンプ場の唯一の欠点がトイレです。実はこのトイレ、水洗ではありません。簡易トイレになっております。トイレに、こだわりのある方は、笠置キャンプ場を利用するのが、少し難しいなーとは思います。




トイレは和式ではなく洋式ですが、すごく狭いです。トイレをするのに結構苦労しますね(苦笑)トイレは掃除がされており、問題はありません。割と、きれいにされています。




トイレ利用する上で大事なことがあります。それは。トイレットペーパがついていないんですね。なので、各自で用意して下さいね。






まとめ:



2016011910






笠置キャンプ場は、奈良から近いということもあって奈良や大阪、京都から来られている方が非常に多いですね。我が家みたいに、滋賀県から来ている方もおられますよ!




場内は車が乗り入れられるフリーサイトです。ですから荷物を運ばなくていいのは嬉しいですね。それに利用料の方も非常に格安です。


出来れば、人の少ない冬場に利用されることをおすすめします。とても静かなのでのんびり出来ますよ。







唯一の欠点は、トイレが水洗ではないということ!苦手だから利用をしたくないという方は別にして、何度か使っている内に慣れると思います。その内に、気にならないようになると思います。


一度、利用したら笠置キャンプ場の良さがわかると思います。泊まれない方は、バーベキューでもいいですね!




以上、「笠置キャンプ場の全てをブログで全て紹介します」でした。



※買い出しは、笠置キャンプ場から20分程度で行けるサンフレッシュ 加茂店が一番近いですね!その他は、伊賀上野にスーパーがたくさんあります。





アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!