2016121702
(キャンプブログ:キャンプの石油ストーブ)





冬のキャンプをする上で、我が家が購入したのがフジカハイペット。コンパクトで暖かく、それ程高価ではないので買いやすいストーブだと思います。キャンプで使うストーブとしては、ベストだと思いますね。

2016121401






フジカの価格は、送料込で3万円程度。黒色に比べて白モデルは、数千円高くなっています。


現行の黒モデルより白フジカの方が人気があります。インスタグラムのフォロワーさんやわたしの周りの方は、白フジカを購入したという方がかなり多いですね!


アルパカストーブの購入を考えておられた方が、白フジカが発売されたことによって、一斉に白フジカの方に流れた感じです。発売当初は即納だった白モデルのフジカも今は、数ヶ月待ちになっています。とても人気ですね!





2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






アルパカストーブ:

2016121704







フジカと類似商品でアルパカストーブがあります。フジカとアルパカは、大変よく似ており石油ストーブを購入をする方は、どちらかにするか悩まれると思います。フジカハイペットの日本製、アルパカストーブは韓国製。


我が家も石油ストーブを購入する上で悩みました。悩んだ結果。フジカハイペットを購入したんですね。





フジカハイペットの場合、購入するにあたり一番悩まれるのが、価格だと思います。アルパカストーブに比べてフジカの方が2万円程高価です。


しかし、石油ストーブは芯の交換をすれば数十年使えます。アルパカとフジカの価格差は2万円程度!数十年、石油ストーブを使われるなら安心のフジカの方がいいのかなぁーと思います。





実際、我が家が使用しているトヨクニの石油ストーブは2000年製。最近は、芯が駄目になりパワーが落ちてきました。ですが近々、芯の交換をする予定です。芯は購入済みです!芯を交換するとパワーも復活するんですね。

2016120807







アルパカストーブは、燃料計の動作不良や石油を入れての運搬は、燃料漏れを起こす可能性があります。他に色々な問題があるんですね!ストーブによって、あたりはずれがあります。





そして、アルパカストーブの一番の欠点は、耐震自動装置がついていないこと(一部新製品は、耐震自動装置が装着されています)転倒した場合、耐震自動装置がついていないと大変なことになります。小さいお子さんがおられる方は、かなり危ないと思いますね!


動かすのに便利だからという理由はありますが、やはり安全が一番ですからね。




トヨトミレインボー:

2016102305





手軽に購入できて、日本製で安心なトヨトミレインボー。春キャンプや秋のキャンプには、よいと思いますが冬のキャンプには物足りない感じがします。


我が家の実家でも使っていますが、あまり暖かくはありません。冬のキャンプを考えておられるなら、違う石油ストーブの選択の方が無難ですね。


コスパがいいので、どうしても使用したいなーという方は、他の暖房器具と併用されることをおすすめします。







まとめ:

2016121702





石油ストーブは、灯油を燃料としてますから出来れば安心の日本製がいいのかなーと思います。わたし的には、日本製のフジカがキャンプの石油ストーブとして、おすすめですね!価格は、3万円程度しますが、一度購入すると数十年使えますからね。







関連リンク:
フジカハイペット










以上、「キャンプで使うおすすめ石油ストーブを考える?!結論は、やはり日本製ですね」でした。





アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!