2017071018
(キャンプブログ:ミニ焚き火台 テトラ)








ミニ焚き火台は、雑誌「fam 2015 Autumn」の特別付録。雑誌は、とても売れ行きが好調で、数ヶ月後に増刷されました。


大変人気があり多くの方が、雑誌を買われたと思います。ですが、我が家はタイミングを逃して購入ができなかったんです!






SOTOの2017年新製品として、ミニ焚き火台の販売が決定。ミニ焚き火台 テトラとして、現在売られています。


特別付録のミニ焚き火台とSOTOの新製品テトラの違いはひとつだけ!テトラには、「Columbia 」の文字が入っていません。


他は、全て同じです。形や大きさなどの変更はないので、特別付録を欲しかった人は、特には気にならないと思います。






ミニ焚き火台 テトラは、1000円程度で売られています。我が家みたいに、買うタイミングを逃した方は、おすすめですね。安値で販売しているので、とても買いやすいと思います!



今回は我が家も購入した、ミニ焚き火台 テトラを詳しくブログで紹介したいと思います。まだ買われていない方は、ぜひ参考にして下さいね!






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram










ミニ焚き火台 テトラ:

2017071008







SOTOのミニ焚き火台 テトラの特徴は、とてもコンパクトになるということ。組み立てができるので、ズボンのポケットにも入るサイズになっています。カバンに、常時入れておくのも良いと思います。



上記で、特別付録とテトラの違いは「Columbia 」の文字が入っていないことだけと説明をしました。実は、テトラの方に特別に付いているものがあります。収納ベルトですね!

2017071011







SOTOのミニ焚き火台 テトラには、収納ベルトが付属されているので、ケースなどを買う必要はありません。収納ベルトで止めることができます。

2017071010







組み立て:

2017071012







組立は、6個のパーツに分かれています。側面板4枚、ロストル1枚、底板1枚のセットですね!組み立てには、ツメを引っ掛けていきます。


少々コツがいりますが、慣れると簡単にできると思います。組み立ては、下記の通りに行っていきます。

2017071013

2017071014

2017071015








固形燃料:

2017071009






名前にミニ焚き火台とありますが、ほとんどの方は、焚き火台としての使用はないと思います。焚き火台として利用をしても小さいので、すぐに灰が溜まってしまい薪が入れられなくなります。


一番、使い勝手がいいのが固形燃焼ですね!固形燃料は、100円ショップでもお手軽に購入することができます。


我が家は、ダイソーで買いました。25gの固形燃料です。25gの固形燃料が、テトラにはぴったりと合うんですね。25gで約15分燃焼をします。





100円ショップのスキレットを使用して焼いたのは、アルトバイエルン!固形燃料を使ったので、とてもお手軽でしたよ!

2017071018





























まとめ:

2017071015






組み立てや分解は慣れれば大丈夫だと思います。しかし、サッと使って片付けたいんですね!我が家は分解をせず、そのまま片付けることにしました。100円ショップのダイソーで、小さな入れ物を購入!


テトラは、それ程大きくはないので分解をしなくても、邪魔にはなりません。面倒だなーという方は、どのまま使って下さいね。

2017071017







固形燃料を使用して、ちょっとした物を焼いてみたいなーという方に、ミニ焚き火台 テトラはおすすめだと思います。特別付録を買い逃してしまった方も、ぜひ検討してみて下さいね!




以上、「ミニ焚き火台 テトラを購入!詳しくブログで紹介します」でした。




アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!