2017051556
(キャンプブログ:ウッディパル余呉)






住所:〒529-0515 滋賀県長浜市余呉町中之郷260
電話番号:0749-86-4145










ウッディパル余呉は滋賀県の北部、湖北にあるキャンプ場。北陸自動車道「木之本I.C.」から比較的近いので高速道路を使われる方は、とても利用しやすいと思います。木之本インターチェンジからウッディパル余呉までは、10分程度で行けます。








滋賀県の方なら赤子山スキー場は、聞いたことがあると思います。赤子山スキー場が、現在はフリーサイトになっています。


小中学校の時に、スキーに行ったことがあるなーという方もおられますね。奥さんが以前スキーで来たことがあるみたいで、懐かしいなーって言ってました。



※フリーサイトは冬場、雪が積ればスノーパルとして現在も営業されています。リフトは動いておらず、子供向けのスノーパークのような感じですね。








ウッディパル余呉は、周りが山に囲まれているので、自然いっぱいのキャンプ場です。だからと言って山深い所ではないので、とても利用しやすいキャンプ場なんですね。



今回は、先日利用したウッディパル余呉を詳しくブログで紹介したいと思います。まだ、一度も行ったことがない方は、ぜひ参考にして下さいね!











2016071108










お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










ウッディパル余呉:

2017051502






高速道路で来られる方は木之本インターチェンジからウッディパル余呉までは、10分程度で行けます。


我が家は下道から行きましたが、狭い道もなかったので非常に行きやすかったですね。






国道365線から県道254号線に入ります。県道254号線を進むと右側にウッディパル余呉の大きい看板が見えるので、非常にわかりやすいですね。看板を右に曲がると、管理棟が見えます。

2017051520






管理棟:

2017051503



管理棟は、上記の建物。キャンプやコテージの受付をここでします。中にはレストランがあるので、食事がしたいなーという方は利用して下さいね。





管理棟の中には、日用品の販売もされています。紙皿や紙コップ、歯ブラシにガスボンベや油などもあるので、持ってくるのを忘れた方は便利ですね。炭も置いてありましたよ。

2017051505







管理棟で薪の販売もされています。薪は一束500円。それ程高くはないので現地で購入されてもいいですね。

2017051504







管理棟の前には、自動販売機があります。冷たい飲み物が欲しい方は、自動販売機で購入して下さいね!

2017051536







自動販売機で売られている飲み物の価格は、通常売られている価格と一緒です。ずば抜けて高いということはありませんでした。

2017051537







受付をすると、キャンプ許可書を頂けます。それが、受付を済ませたという証明になります。よく見える所に置いておいて下さいね。

2017051515






ゴミはお金を支払うと捨てることができます。ゴミを引き取ってもらうには、指定のゴミ袋を購入しなければいけません。ゴミ袋の値段は200円。ゴミ袋を購入されない方は、持ち帰りになってしまいます。




買い物:

2017040547







ウッディパル余呉から、10分程度の所に平和堂 木之本店があります。食料品は割りとそろっていると思います。キャンプ場から近いので、連泊した時に便利ですね。



平和堂 木之本店:
住所:滋賀県長浜市木之本町木之本1570−4
電話番号:0749-82-3111






その他に、キャンプ場から彦根方面に15分程度の所に、ザ・ビッグ高月店があります。ザ・ビッグは、イオン系の安値で販売しているスーパー。他の店舗ですが値段が安いので、我が家もよく利用しますね!


ザ・ビッグ高月店は、他のビッグより少しこじんまりとした感じ。それ程大きな店舗ではないですが、食料品はある程度はそろうと思いますよ。




ザ・ビッグ高月店
住所:滋賀県長浜市高月町東物部45−1
電話番号:0749-85-6211













シャワー:

2017051551






ウッディパル余呉の場内に、お風呂はありません。シャワーが利用できます。管理棟の受付の奥がシャワー室になっています。





シャワーを使うには、事前に管理棟でシャワー利用券を購入する必要があります。シャワーは、1人1回300円。時間単位ではないのが、非常にありがたいですね!

2017051514







シャワーの利用時間は、17時から21時の間になっています。21時以降は入れないので、注意が必要です。


シャワー室はボディソープとシャンプ、リンスは備え付けてあるので持っていく必要はありません。ただ、それ程高品質な物ではないので、気になる方は持参して下さいね。






上記で説明した通り、管理棟の受付の奥がシャワー室になっています。シャワーをするには、受付を通る必要があります。


2017051538









ドアを開けると脱衣場があります。ロッカーもあるので、着替えなどを入れて利用して下さいね!

2017051540

2017051541









シャワー室は大変せまいです。洗い場が3ヶ所しかないので、時間帯によっては込み合うことがあるので、注意が必要ですね。






下記の写真では、写ってはいませんがシャワーの横に浴槽があります。浴槽にはお湯が入れられていないので、シャワーのみの利用となります。


2017051539








フリーサイト:

2017051507








フリーサイト:

500円/おひとり(先着順)
チェックイン 13:00
チェックアウト 12:00

予約なしの当日受付







フリーサイトは、1泊1人500円。我が家は、奥さんと2人で利用したので500円×2人で1000円。1000円で泊まれるので、非常にお得感がありました。


フリーサイトのチェックインが13時。朝から入りたいなーという方はデイキャンプ料金を支払って下さいね。9時からチェックインができます。デイキャンプ料金は、1人300円になっています。






管理棟のすぐ前がフリーサイトになっています。下記は、管理棟から見た写真。管理棟からフリーサイトは、かなり近いですね。橋を渡ってすぐが、フリーサイトになっています。

2017051547

2017051519






以前は、スキー場だったということもありサイトは傾斜になっています。上に行くほど傾斜が急になっている感じですね。


サイトの下の方は、平らになっています。やはり、平らな方が、人気ですね!フリーサイトは早く来た人から場所を選べます。


フリーサイトを利用される場合は、早く行って良い場所を確保されることをおすすめします。サイトは下記のような感じです。とても広くていい雰囲気ですよー。









車は、横付けできます。車をテントの脇に駐車してキャンプができるので非常に便利ですね。


地面は、硬い所もあります。プラペグは、まず無理ですね。ある程度、丈夫なペグを持参して下さいね。

2017051507

2017051513

2017051548

2017051512






サイト動画:






トイレ:

2017051508





フリーサイトのトイレは、水洗ではありません。汲み取り式のトイレになっています。少し匂いはありますが、とてもきれいに掃除をされています。思っていたよりは、とても使いやすかったですね。

2017051510

2017051511








汲み取り式が苦手な方は、管理棟に水洗トイレがあります。フリーサイトから管理棟が近いので、行くのに苦にはなりません。我が家も、管理棟のトイレをよく使わせてもらいました。



管理棟は基本、朝の9時から21時まで空いているので、その時間帯なら利用ができます。ですが、その日によって違う時もあります。

我が家が利用した時は、朝の7時から空いていましたからね。空いている時間帯は事前に確認することをおすすめします。





管理棟のトイレは、洋式になっています。便座も暖かいですよ!わたしも何回も使わせていただきました。

2017051546







炊事棟:

2017051508






トイレの前が炊事棟になっています。トイレと同様、きれいに掃除されています。炊事棟の高さもあるので洗い物も比較的やりやすいと思いますね!


ただ、夜間は電気がないので暗いです。洗い物は明るい内に済ませるか、明るいランタンを持って洗い場に行ってくださいね。我が家は、夕方に夕食を済ませて明るい内に洗い物をしましたから。






洗い場は、下記の通り。

2017051509









わたし個人的な意見として、他のサイトよりフリーサイトの方が利用しやすいなーと思いました。サイトは広いので圧迫感がなく、気持ち良くキャンプができます。それに利用料金が安いですからね。


もし、トイレが気になる方は管理棟まで借りに行ってくださいね。水洗トイレで洋式なのでとても使いやすいです。




オートサイト:

2017051533



オートサイト:

4,000円/1区画(要予約)
チェックイン 13:00
チェックアウト 12:00

予約はお電話にて
(9:00~17:30
火曜日定休日)






サイトは広場にロープが張られていて、区画分けがされています。地面は芝サイトではなく、砂と土のサイトになっています。


オートサイトは、8区画の独立したサイト。団体やグループで使うのもいいと思いますね。


1区画の大きさは、10m×10mになっています。サイトに車を横付けができるので、非常に便利ですね。






オートサイトは下記の通り。草は少し生えていますが、芝ではありません。個人的には、芝サイトが好きなので残念だなーと思いました。

2017051533

2017051534

2017051535





オートサイトの動画:







炊事棟とトイレ:

2017051528









オートサイトと林間サイトの間に炊事棟があります。

2017051526






炊事棟は、割と古い建物。中は、きれいでもなく普通といった感じ。それなりに掃除はされているなーという印象ですね。建物が古いので、仕方がないと思いますが、、。



トイレは、オートサイトの横にあります。割りときれいに掃除がしてあり、清潔感はありましたね。

2017051524









トイレは、洋式ではなく和式トイレになっています。和式が苦手な方は、使用するのが大変かもしれません。

2017051525





トイレと炊事棟は、各1ヶ所しかありません。






樹間サイト:

2017051529




樹間サイト:

4,000円/1区画(要予約)
チェックイン 13:00
チェックアウト 12:00

予約はお電話にて
(9:00~17:30
火曜日定休日)







樹間サイトは、11区画からなるサイトです。木々が比較的多いので。暑い季節は、涼しく過ごすことができます。サイトによっては、日陰になる木が多いのでタープがいらない所もあります。予約する時に確認しておいて下さいね。





樹間サイトの残念な所は、オートサイトではないということ。樹間サイトの前に駐車所があります。そこから荷物を運ぶんですね。少々階段もあるので大変かもしれません。



区画の広さは、8m×8m。大型2ルームでも設営が出来ると思います。サイトは、芝ではありません。草地のような感じ。草は短く刈り込まれてました。

2017051531







樹間サイトの道を挟んですぐが、駐車場になっています。

2017051532





樹間サイトの動画:








トイレ:炊事棟:


※トイレと炊事棟は、オートサイトと一緒です。上記のオートサイトの洗い場とトイレを参考にして下さいね。


樹間サイトは、奥に行く程トイレと炊事棟が遠くなるのでサイト選びは重要ですね。トイレと炊事棟は、各1ヶ所しかありません。







コテージ:

2017051522




コテージ料金表:

平日(日~木):17,496円(6人用コテージ)28,512円(12名用コテージ)

ハイシーズン:19,440円(6人用コテージ)32,400円(12名用コテージ)
(金・土・祝日の前日、夏休み期)

トップシーズン:22,680円(6人用コテージ)36,288円(12名用コテージ)
(GW・盆・SW・年末年始)

※ キャンセル料は10日前から発生致します。(10日前~30% 前日70% 当日100%)
※ チェックイン 16:00~  チェックアウト ~10:00 (炉のご利用も同じです)






コテージは、6人用と12人用の2種類。6人用は全7棟、12人用は全4棟、合計11棟のコテージがあります。オンシーズンは、予約がとれないことがあるので、早めの予約が必要ですね。





コテージに置いてある物:布団(コテージ定員分)、電気湯沸かしポット、台所洗剤、ボディーソープ、シャンプー、リンス



コテージに置いてない物:タオル、バスタオル、ドライヤー、浴衣、歯ブラシなどのアメニティは提供しておりません。   (一部、売店にて販売しています。ご利用下さい。)




貸出備品:コテージに調理器具の設置は致しておりません。炊事調理をされる場合はお持込みいただくか、下記備品をご利用下さい。

包丁・まな板セット 400円 / ボール100円 / ざる 100円、鍋(大)500円 / 鍋(小)300円 / フライパン 200円 / 飯盒 400円 / やかん 100円、鉄板 400円 / 金網 300円 / 火箸 100円 、ダッチオーブン 1000円 / 炊飯器(一升)1000円要予約 / カセットコンロ 1000円





売店販売:紙皿・紙コップ・割り箸・軍手・薪(500円)・炭3キロ(600円)・着火剤 ・タオル・歯ブラシ








6人用のコテージ:お風呂、トイレ、ミニキッチン付き

2017051553


2017051552








12人用コテージ:お風呂、トイレ、ミニキッチン付き


2017051554


2017051555







コテージ横には、バーベキュー炉があります。焼き網は、1枚無料サービスで付いてきます。


バーベキュー炉には、屋根があるのでタープは、必要ないですね。周りは、林間なのでとても夏場は涼しいと思います。

2017051523







コテージ周辺の動画:










コテージは、車の横付けはできません。荷物は管理棟の前から運ぶ必要があります。管理棟の駐車場ですね!リヤカーで運んでおられる方を見たので、リヤカーは貸してもらえると思います。




遊び:

2017051543






よご子どもミュージアム:

2017051550
 



室内型のおもちゃ体験施設:

入場料小人:幼児(1歳~)、小学生 210円 大人:(中学生以上) 310円   
親子ペア入場入場料:500円

室内のおもちゃ(例):50000個の木の玉が入った木の玉プール
ころころころころ…、玉ころがし
いらっしゃーい! お店やさんごっこ
LaQ や 積み木 もあるよ。









テニス:

2017051542




テニスコート:

コート1面・1時間あたり: 1,050円 (通常)、2,100円(ナイター)
テニスラケット・ボールレンタル 1セット 500円









賤ヶ岳合戦 アスレチック:

2017051544




賤ヶ岳の戦をモチーフにした、アスレチック

入場料  小学生以上一律310円 ※幼児無料 
営業時間 9:30~17:00
火曜日定休日(夏休み・祝日を除く)






よご子どもミュージアムは、思ったより小さな施設で、他府県の車がたくさんありました。県外の方が遊びに来られていましたね。




まとめ:

2017051516





ウッディパル余呉は、オートサイトや樹間サイトがあります。ですが、我が家のおすすめは、フリーサイトですね。


フリーサイトは、上の方に行けば傾斜がありますが、下の方は大丈夫です。割りと広いサイトなので、のびのびとキャンプができます。雰囲気は、とてもいいですね。



それに、利用料金が安い!家族4人で利用しても2000円ですからね。非常にお得感があります。広くて開放感のあるフリーサイトは、とても使いやすいと思いました。






以上、「ウッディパル余呉を詳しくブログで紹介します。ぜひ参考にして下さいね!」でした。






アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!