2017050914
(キャンプブログ:スキレットで麻婆豆腐)








麻婆豆腐は家族全員が好きなので、自宅でよくやります。特に、わたしと次女が大好物なんですね!2週間に1回は、食べています。


麻婆豆腐を自宅で作る場合は、豆板醤と味噌をメインに、にんにくや胡麻油を入れます。隠し味に焼肉のタレを入れると、味に深みがでて美味しいですね。






手作り麻婆豆腐を自宅でよく作るんですが、今回は市販の麻婆豆腐を使いました。麻婆豆腐の素ですね。


味の素「Cook Do」の赤麻婆豆腐。本格的な麻婆豆腐で、お店で食べるような雰囲気があります。

2017050903






今回のキャンプは、味の素「Cook Do」の赤麻婆豆腐を使って本格的な麻婆豆腐を作ってみました。キャンプで麻婆豆腐を作りたいなーという方におすすめですね。








2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









麻婆豆腐:

2017050901




麻婆豆腐といえば、白ごはん。麻婆豆腐と白ごはんの相性は、かなりいいです。暖かいご飯の上に麻婆豆腐をのせて食べる!最高の贅沢ですね~。


白ごはんは、メスティンを使って炊きました。メスティンは、アルミの弁当箱のような形。四角い飯盒のような物ですね。






メスティンを使用することによって、簡単においしくご飯が炊けます。ご飯を炊くのが、あまり上手にできないなーという方にもおすすめ。とても上手に炊けます。一度使うとその良さがわかりますね。


我が家は、普通のメスティンではなくラージメスティンを使用しています。普通のメスティンより、一回り大きな形。なので、ご飯を3合まで炊けます。



少し前は、ユニフレームのライスクッカーが流行りましたが、現在はメスティンですね。インスタグラムでも、とても人気があります。


写真で美味しそうなのが、あまり伝わらないのが残念!炊飯器より上手に炊けたと思います。

2017050902














麻婆豆腐:

2017050903






麻婆豆腐は、上記でも説明した赤麻婆豆腐。キャンプで手作りするのは大変ですから、素を購入しました。


味の素「Cook Do」の赤麻婆豆腐には、あらびき肉が入っています。何も入れなくてもいいんですが、おいしく食べたいならミンチ肉を入れるのをおすすめします。ミンチ肉は牛豚ミンチを使用しました。

2017050904







今回は、熱々の麻婆豆腐が食べたいなーと思いスキレットを使用します。スキレットは、ニトリのスキレット!ニトスキです。


ニトスキで、色が変わるまでミンチ肉を焼いていきます。

2017050906







ひき肉に色が変わったら、麻婆豆腐の素と豆腐、水を入れます。豆腐は、3個入りの小分けができる豆腐がおすすめですね。スキレットに入れるのに、ちょうどいい大きさです。



水の量は、50mlですが濃い方がおいしいので、少な目の方がいいのかなーと思います。

2017050905







下記のように、豆腐とスキレットがぴったりの大きさ。ジャストサイズですね。

2017050910







スキレット中で切っていきます。我が家は、大きく豆腐を切りました。細かい麻婆豆腐より、大きい方が好きなんですね。

2017050911







中まで、温かくなったなーと思ったら出来上がりです。少し食べてみると、中まで火が通っているかわかります。

2017050913











出来上がり:

2017050914







スキレットで麻婆豆腐を作ると、食べ終わるまで熱々です。熱々の麻婆豆腐と炊き立ての白ご飯。とてもおいしい組み合わせです!



今回は、麻婆豆腐をフライパンで作らなくて良かったなーと思いました。一度、スキレットで作ると、その良さがわかると思います。雰囲気が良く、大変美味しかったですね。


以上、「スキレットで麻婆豆腐!キャンプで作ると最高の贅沢です」でした。






アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!