2017092502
(キャンプブログ:スキレットのシーズニング)









スキレットは、鉄製で蓄熱性があり熱伝導率が高いので、非常においしく作れます。一回温まると覚めにくいので、いつまで温かい料理を食べれるんですね!








我が家は、スキレットでよく肉料理をします。スキレットで肉を焼くと、温度が下がらないんので、中はジューシーで外はパリッと焼けるんですね。フライパンと焼き具合が全く違います。


おいしく、肉を焼きたいなーと思ったら、スキレットがおすすめですね!

2016080508

2016080509

2016073107








スキレットはメンテナンスさえすれば、長く使用することができます。使った後は、必ず油を表面に塗って保管してください。


濡れたまま、何も塗らないで放置すると、一晩で錆びます。一度錆びさせると、取るのが非常に大変ですね。









スキレットは、メンテナンスも非常に大事ですが、購入した際にやることがあります。シーズニングという作業ですね。


シーズニングは、スキレットを錆びさせない為に表面に塗ってある錆び止めを取る作業です。







スキレットには、工場の出荷作業時に錆び止めが必ず塗られています。それを落とさなければ、使うことができません。



少し面倒なことですが、必ずやらなければいけないことです。購入して、そのまま使えないんですね。








シーズニングは、それ程難しい作業ではありません。簡単にできます。今回は、我が家のシーズニング方法を詳しく紹介したいなーと思います。初めてスキレットを購入した方は、ぜひ参考にしてくださいね。






2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









シーズニング:




①まず、スキレットを洗剤で洗います。十分に洗剤をつけて洗い流してくださいね。それを、数回繰り返します。洗剤で錆び止めを取る作業ですね。

2017092501










②洗剤で洗ったスキレットに水を入れ、3分程沸騰させます。水を入れて沸騰させる作業を2~3回程度繰り返してくださいね。

2017092508











③沸騰したお湯を捨てて、水分を飛ばします。強火で数分間、空焼きをします。スキレットの色が白く変わってきたら焼きが入ったという証拠です。

2017092504












③油を塗って、5分程度火にかけます。白い煙が収まってきたら完了です。油が抜けると、煙が収まります。油は、サラダ油で大丈夫だと思います。

2017092506








白い煙がもくもくでるので、換気扇の下や外でやるのがおすすめです。我が家は、デイキャンプに行ったときについでにシーズニングやりました。

2017092507








④スキレットの鉄の匂いが気になる方は、野菜くずを炒めて下さいね!我が家は、やらなかったので気にならない方は、野菜くずを炒めなくても大丈夫です。


シーズニングを終えて、すぐにスキレットを使いましたが特に鉄臭さはありませんでしたね!




最後にスキレットを冷まして、水でごしごし洗って火にかけて水分を飛ばします。後は、油を軽く全体に塗ったらシーズニングが完了です。









油は、錆び止めになっています。スキレットの内側や外側、底の部分も必ず油を塗ってくださいね。油を塗っておかないと、1日で錆びますよ。










シーズニングの後は、焼肉!

2017092509










この日はシーズニングを終えて、タンを焼きました。スキレットは、最後まで温度が下がらないので肉を焼くのに最適です。とてもおいしく焼けますよ!

2017092512

2017092513










我が家は、面倒だなーという時はスキレットで焼肉をやります。焼肉は網で焼くのが一般的ですが、スキレットでも十分においしく焼くことができます。

シーズニングを終えたら、まず肉を焼いてみてくださいね!フライパンで焼くのとは、焼き具合が全く違いますからね。









最後に:


スキレットの使用後は基本洗剤は使いませんが、汚れが取れない場合は洗剤を使用してもOKです。最後に油を軽く塗ると錆びません。我が家は使用後、衛生面で気になるので洗剤でスキレットを洗います。


油を塗らないで、放っておくと必ず錆びます。必ず油を塗って下さいね!油は、オリーブオイルでもサラダ油でも、どちらでもOKですよ。






以上、「スキレットのシーズニング、超簡単な方法を紹介します!外側もきっちりとやって下さいね」でした。




アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!