2017091905
(キャンプブログ:ツインピルツフォークt/c)







最近は、ポリエステルよりポリコットンの素材の幕が流行っています。特に、ノルディスクの幕が、その代表的なもの。

2018020807



おしゃれにキャンプをされている方は、ポリコットンの保有率がかなり高いですね!



ツインピルツフォークTCもノルディスクの幕と同様に、ポリコットンの素材。





ポリコットンの良さ


ポリコットンの良さは、寒い季節や暑い時期を快適に過ごせるので、一度使うとポリコットンの良さに魅了されます。




遮光性が非常に高い


暑い時期、夏場は日差しが非常に強いですが、ポリコットンはポリエステルの幕に比べて影が濃いので、幕の下で涼しく過ごせることができます。

ポリエステルの幕の下にいるのと、全く居心地が違いますよ!





冬場のポリコットンも、とても便利。


生地が分厚く温かい空気を外に逃がさないので、寒い時期でも快適に過ごすことができます。


同じ暖房器具をつけても、ポリエステルとポリコットンでは暖かさが全く違ってきます。断然、ポリコットン幕が暖かいですね!




結露が少ない


ポリコットンの一番の魅力は、結露が少ないこと。


ポリエステルの素材は垂れるぐらい結露をしますが、ポリコットンは水分を吸収するので結露がしにくい素材になっています。


撤収する前に濡れた幕を拭くのは、うんざりします。



ポリコットンは、濡れた結露を拭く必要がないので非常に楽!風通しのいい所においてやると、たとえ湿っていてもあっという間にカラッと乾燥します。





我が家が年間を通して使用してみた感想は、ポリコットンのツインピルツフォークTCは、どの季節でも使えて扱いがすごく楽で便利。





まだ、ツインピルツフォークTCを保有しておられない方は、この記事を参考に購入をされるかどうか決めて下さいね。


今回は、ツインピルツフォークTCを詳しくブログで紹介したいと思います。










2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









ツインピルツフォークTC:

2017091904




フルオープンにできる


ツインピルツフォークTCはフルオープンにできるので、夏場はオープンタープのように使えます。


ツインピルツフォークTCを設営するとオープンタープを張る必要がありません。



フルオープンにすることで、風通しがよくなって、とても涼しいと思います。




遮光性が高い


ツインピルツフォークTCは、ポリコットンの素材なので遮光性が高く影が濃いので、風が吹くと夏場でも割と快適に過ごせます。



夏場に使用してみて、ポリコットンの幕で良かったなーと改めて実感できます。

2017091905




冬場は、フルクローズ


ツインピルツフォークTCは、生地が分厚いので温かい空気を外に逃しません。




スカートがついているのも良い所


冬場は、スカートを全てフルペグダウンすることをおすすめします。風が入りにくいので、とても暖かい。

2018022201





真冬は、ストーブ1台とカセットガスストーブがあれば快適に過ごせる。



3月~4月、11月~12月は石油ストーブ1台で幕内は暖まります。

4月~6月、9月~11月はカセットガスストーブ1台で十分幕内は暖まる。




2018030502



わが家が真冬にツインピルツフォークTCを使用してみた感想は、幕質が分厚いので非常に暖かい。

朝方は、マイナス3度まで下がることもありましたが、結露はなしです。






ポリエステル:


ツインピルツフォークt/cは、ポリコットンの素材を使用していますが、スカート部分とチャックのつなぎ目のブラウンの部分は、ポリエステルが使われています。

2017092003






白色の幕を持っている方は、わかると思いますが白色というのは大変汚れが目立つ。スカート部分は地面と接するので、特に汚れてしまいます。




スカート部分をブラウン色のポリエステルにしたことで、汚れが目立ちにくくなります。それに、汚てもすぐに取ることができるんですね!

これは、よく考えたなーと感心させられました。長年使おうと思ったら、汚れはとても気になるものです。






就寝する時のスタイル



就寝する時は、コットを使用するかインナーテント、もしくはカンガルースタイルにする必要があります。




カンガルースタイル


20180105113


わが家は夫婦2人で使用しており、手軽に使いたいなーということもあってカンガルースタイルにしています。


2人用のテントのインナーだけを使用しているので、簡単に設営撤収ができます。






2人で使うなら、ハーフインナーもあります。









家族4人までで使用するならフルインナーが便利。









ツインピルツフォークTCのベスト使用人数は大人2人と子供1人ですが、フルインナーを使用することで大人2人子供2人まで問題なし。



※2人以上で使用する場合は、二又ポールを使うと幕内を広く使えます。






幕体:



ツインピルツフォークt/cは、幕体とポールの2本が入っています。幕体とポールを合わせて約10kg。10kgといえば、お米の1袋分の重さなので、女性の方は少々重く感じるかもしれません。




サイトと車が離れている場合は、キャリーワゴンなどを利用すれば楽に運搬ができると思います。

2017092002






ポールは、4分割に分かれています。ショックコード方式ではないのが良い所。ショックコードだと切れてしまうと交換するのが、割と面倒。



ポールは、はめ込み式になっています。


ポールがショックコードの場合、キャンプ中に切れたら結構大変。我が家は、経験あり。

2017092004

2017092005






幕質は、ノルディスクと同じポリコットン


ノルディスクの幕よりは少し薄い感じがしますが、ノルディスクの幕が分厚すぎるのでツインピルツフォークTCは程よい感じ。



全体的な感じは、丈夫でよくできているなーという印象。細かい所まで、しっかり作られています。

2017082208






二又ポール



ツインピルツフォークt/cを購入の際は、二又ポールも一緒に買われることをおすすめします。


ポールが真ん中にあることによって、デットスペースが生まれます。広く使おうと思ったら、絶対二又ポールが大事。

2017032102







二又ポールにすることで、ツインピルツフォークt/cの中にインナーテントも入れられます。専用のインナーを使用される方は、リビングスペースが二又ポールになるので広く使えます。

2017092007






二又ポールの作りは、割としっかりとしているなーという印象。下記のように、二又ポールを固定できるので、広がることはありません。

2017092019






幕と二又ポールの間は、マジックテープをつけるようになっています。風が吹いてもバタバタとなりにくく、完璧に幕体とポールを固定してくれます。風が強いなーという時でも安心して張ることができますね!

2017092010






設営:


ツインピルツフォークTCの設営は、非常に簡単!スタンディングテープがついてます。スタンディングテープにハトメがあるので、4ヶ所ペグダウンして立ち上げたら完了。アッという間に設営と撤収ができます。

2017092017

2017092015

2017092016






特に冬場は、スカート固定する必要があります。スカートをペグダウンすることで下からの風を防ぎます。寒い時期は、スカートを有効に使ってくださいね!

2017092009








ツインピルツフォークTCの動画:





























まとめ:

2017091905






ツインピルツフォークTCは、ポリコットンを使用しているので春夏秋冬使いやすい幕だと思います。



ただ、雨に濡れた時や雨撤収の時は、きっちりと乾かさないとカビが生える可能性があるので注意が必要。我が家は、雨の日はできるだけポリコットンを使わないでいるようにしています。


雨撤収で乾かすことができない場合は、ツインピルツフォークTCを使用しないのが無難。



白い幕体なので、汚れるリスクはありますが、とても雰囲気が良いと思います。見た目以上に、おしゃれでかっこいい幕ですね!






以上、「1年間ツインピルツフォークTCを使用してみてわかったこと。使ってみた感想を詳しくブログで紹介!」でした。







ナチュラムでもツインピルツフォークt/cは、販売されています。



アウトドア最安値はこちら!【ナチュラムCheck!