2017030605
(キャンプブログ:春キャンプ寒さ対策)





年間50泊程度キャンプに行っている我が家!

気温が冷え込む真冬や温度の高い真夏でも、1年を通してキャンプに行っています。






春キャンプ

20180105306




春夏秋冬!キャンプをしていて過ごしやすいのは、春のキャンプだと思います。


春キャンプは真冬ほど気温が下がらないので、気楽にキャンプに行けます。重装備をしなくてもいいのは、非常に楽ですね!





暖房器具を持っていかなくても焚き火だけで暖が取れるので、外でゆったりとキャンプを楽しめます。

2018012002






電源サイトと電源なしのサイト!使用するサイトで暖房器具が違います。今回は、それぞれのサイトの春キャンプの寒さ対策を紹介したいと思います。









2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









電源サイト:

2017030605







電源サイトを利用するメリットは、自宅で使用している電化製品が使えるということ。



寒さに不安があるなーという方は、電源がないサイトより電源があるサイトがおすすめ!





我が家の場合、春キャンプの暖房器具は電気毛布2枚とミニセラミックヒーターを2台持って行きます。





3月は石油ストーブが必要ですが、4月以降は幕内を暖めるのにミニセラミックヒーターで十分!




ミニセラミックヒーターは、3千円程度で購入できます。結構お手軽なので、2台あるとキャンプに、とても便利!





夜は、セラミックヒーターをつけて就寝します。セラミックヒーターをつけるとテント内が冷えないので、暖かく寝ることができます。

2017030607







先日のキャンプでは、セラミックヒーター2台で幕内の温度は18度ぐらいでした。18度あると、結構快適でしたね!

2017030608

































電気毛布は、手軽で暖かい。

2017123102




電気毛布は、マットの下にホットカーペットみたいに敷きます。



2個あると広範囲に敷けるので、とても便利!ホットカーペット程ではありませんが、ほんのり暖かくて気持ちがいいですね!








電源なしサイト:

2017022207






電源サイトではない場合、石油ストーブがあれば幕内で快適に過ごせます。




3月のキャンプ



冬キャンプの場合、パワーのあるアルパカやフジカが必要ですが、春キャンプは冬場より気温は下がりません。




春キャンプは、トヨトミのレインボーで十分。




トヨトミレインボーは、ホームセンターや家電量販店、ネットショップで販売されているので比較的購入しやすい石油ストーブ。


春キャンプは、レインボー1台あれば、春キャンプの寒さ対策になると思います。




















4月以降の暖房は、カセットガスストーブがあれは、幕内で割と快適に過ごせます。


2017091905

2017091904





























テント内:

2017030606





暖房器具を使用しても、テント内が暖まらないなーというのは、地面からの冷気対策をしていないからです。



春は、気温が下がる日もあるので地面からの冷気対策は、とても重要だと思います。






冷気対策


我が家の場合、テントのボトムの上に極厚の銀マットを敷きます。我が家は、2枚重ねています。

20180105109



















その上に、オールウェザーブランケットを敷きます。オールウェザーブランケットは、 NASAが開発した多目的シート。軽量、コンパクト、防水、保温性にすぐれています。


アメリカの軍隊やボーイスカウトでも使用されている有名なシートですね!

20180105102





























その上に、インナーマット。

2017030604








電源サイトを使用される場合は、インナーマットの上に電気毛布を敷きます。2枚敷くとちょうどよい大きさになります。

20180105105








電気毛布の上は、毛足の長い分厚いラグを敷くと暖かく快適に過ごすことができます。


我が家が使用しているのは、マイクロファイバーで肌触りがいいので、寝転がっても気持ちが良くゴロゴロできます。


20180105104
































2017122702








春キャンプは、気温が下がることがあるので地面の冷気対策は必用。



幕内で快適に過ごすなら地面からの冷気対策は、しておいた方がよいですね!









まとめ:

2017030606





電源サイトの場合、使用できる消費電力が決まっています。

ホットカーペットは消費電力が大きいので、他の暖房器具と併用できない可能性があります。





おすすめは消費電力の低い電気毛布。


我が家のおすすめは、電気毛布。電気毛布をホットカーペットみたいに敷くと、ほんのり暖かいです。

電気毛布は消費電力が小さいので、他の暖房器具と併用することができます。





電源サイトでない場合は、石油ストーブがあれば幕内で快適。4月以降のキャンプは、カセットガスストーブで十分だと思います。



春のキャンプ!暖かくして楽しいキャンプを過ごして下さいね。
以上、「春キャンプの寒さ対策!年間50泊キャンプに行く我が家が、その方法を紹介します」でした。





アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!