2017022701
(キャンプブログ:カマボコテント2)






ドッペルギャンガー公式サイトを見てみると、2017年度新発売のカマボコテント2の詳細が詳しく記載されています。以前から改良版が販売されるという噂があったので、やっと出たなーというのがわたしの印象!


カマボコテント2は、2016年度発売されたカマボコテントの改良版。形やスタイルの変更はありません。見た目は、特に変更は無し。大幅なスタイルの変更を期待されていた方は、残念ですね(苦笑)



カマボコテントのスタイルは変わらず、使いやすさと生地スペックの向上。個人的に、カマボコテント2は大幅に使いやすくなったなーと思いますね!






2016年度発売された、カマボコテントは爆発的にヒットしました。購入された方は多かったんじゃないかと思います。カマボコテントを購入された方は、非常に残念ですが仕方がないですね。これから、購入される方は、新しく発売されるカマボコテント2がおすすめ!




本日は、カマボコテントとカマボコテント2の違いを、わたしなりに詳しく紹介したいなーと思います。






2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







カマボコテント2の変更部分:




グロメットの穴:

2017022702




わたしがカマボコテント2になって、一番気にいった所はスカートにグロメットの穴がついた所。キャンプをされている方なら、その良さがわかると思います。穴があるとないとでは、かなり違いますね。






特に冬場にキャンプをされる方は、便利だと思います。冬場に暖房器具をつけて、暖まらない理由は幕のスカートに問題があります。スカートの部分から冷たい風が入ってくるんですね。


その為、風が吹き込まないようにスカートをペグで固定します。下記は、我が家の幕ですが全てスカートをペグ打ちしています。これで、冬場使用しても冷え込みません。外から風が入りにくい状態なんですね!


2017010306










150D:

2017022708






後は、生地が分厚くなった所。75D(デニール)から150Dに変更されました。生地が厚くなったので、使用するのに安心感がでました。とても、使いやすくなりますね。


生地が分厚くなると幕が強くなり、遮光性が向上します。それに、細かいシワが以前よりは、付きにくくなります。幕の向上は、とても大きな変化だと思いますよ!

2017022703









生地が75Dから150Dに向上したことによって、耐水圧が大幅に上がりました。耐水圧5000mmに変更されたんですね。耐水圧5000mmですから雨に対する心配は、いっさいありません。

2017022704










コンプレッションバッグ:


2017022705





あまり目立たないようで、便利なのがコンプレッションバッグ。コンプレッション機能があるので、収納が楽にできて小さくすることができます。ベルトで絞ることによって収納袋を小さくすることができるんですね。



これは、我が家保有のピルツ15にも付いています。これがあるのとないとでは、かなり袋の大きさが違うと思いますよ!








結露:

2017022706








ドッペルギャンガー公式サイトでは、下記の通り「結露に注意」と詳しく記載されています。昨年は幕の雨漏り問題など、一部から批判がありましたからね!


※結露に注意

風の吹き込みを防ぐスカート生地と大きなリビングスペースを備えるため、特に雨天時にはリビングスペースの地面から上がる湿気の逃げ場がなくなり、結露しやすい構造となっています。
一部の窓を開放しておくことや定期的に換気を行うことで、結露を軽減していただくようにおすすめしております 

 



簡単に言うと、雨漏り問題は結露が原因ということもあるので、注意して欲しいということです。雨漏り問題は、カマボコテント2のイメージダウンになりますからね!






まとめ:



2017022707






2016年度発売のカマボコテントより、メッシュ部分が多くなったため通気性がよくなりました。夏場は、メッシュにすることによって快適に過ごせます。冬場もスカートにグロメットがついたので、快適になりますね。




去年、カマボコテントが売り切れで購入できなかった方は、チャンスです。カマボコテント2は、使いやすさが格段と向上したので、とても使いやすいテントになったと思いますね!







以上、「カマボコテント2を購入する人必見!2017年ドッペルギャンガー新製品トンネル型テント」でした。







夏場は、ポリコットンのチーズタープを上にかぶせると暑さ対策になります。ポリコットンのタープは、我が家も保有していますが通常のポリエステルのタープとは違います。遮光性がとてもいいですよー。


カマボコテント2を購入の際は、チーズタープも一緒に購入されることをおすすめします。



2017022709







ドッペルギャンガーをインスタグラムでフォローすると、カマボコテント2の最新情報がわかります。

 








ナチュラムで、カマボコテント2は独占販売されています。チェックしてみて下さいね。

アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!