2017022601





(キャンプブログ)
岐阜県:大津谷公園キャンプ場( part3)
2017年2月18日~2月19日










関連リンク:
大津谷公園キャンプ場( part2)








鬼かき揚げ太うどんは冷凍食品なので、電子レンジで調理することができます。電子レンジだと鍋で作るより簡単に作れるんですね。手間がいりません。



でも電子レンジより、鍋で作った方が雰囲気があって、個人的にはおいしく食べれるのかなーと思います。鍋からの出汁の匂いは最高に食欲をそそりますからね!







今回は、キャンプで作ったということもあって、電子レンジが使用できない状態でした。鍋で作るしかない環境なんですね。


鍋で作っても、以外に簡単に作ることができました。今回は、鍋で作る鬼かき揚げ太うどんを紹介したいなーと思います。









2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







調理:

2017022603







レンジ調理が、おすすめと書いていますが、鍋で作っても何の問題もありません。下記の通り、鍋での作り方も書いています。

2017022610







鍋に220mlのお湯を入れて、沸騰させます。我が家は、カセットガスコンロを使わず、石油ストーブのフジカで調理をしました。


フジカは、一般的な石油ストーブと比べて天板の火力が強いと思います。なので、お湯が沸くのも早いんですね。調理の方も簡単にできます。



お湯が沸いたら、麺を入れます。

2017022605







麺を入れて、沸騰するまで待ちます。カセットガスコンロよりは、時間がかかりましたが、数分で沸騰しました。

2017022606







沸騰させたら、液体のつゆを入れるんですね。このつゆが非常においしいんです。出汁が効いていてお店で食べる味わいがします。とても上手に作られているなーという印象ですね!

2017022608







後は、かき揚げを入れます。かき揚げは、レンジをして温める必要があります。ですが、我が家は沸騰したつゆの中に浸して食べました。レンジがありませんからね!それでも、おいしく食べれましたよ。

2017022604







下記の写真を見たらわかるように、かき揚げは非常に大きいです。とても食べごたえがありますよー。

2017022611







今回は、1人前ずつ作ると時間がかかるので、奥さんの分も一緒に作りました。2人前、一気に作ったということになりますが、なんの問題もありませんでした。鍋で作って、おわんで頂きましたよ。

2017022612







食べてみた感想は、非常おいしいなーという印象!お店で食べる味わいがあります。自宅で作る味ではないですね。とてもよくできています。





うどんは、太麺でコシがあり食べごたえがあります。それに出汁よかったですね。もちろん、メインのかき揚げは最高です。


かき揚げは、非常に大きいので食べごたえがあります。わたしは、どちらかと言うとカリッとしたかき揚げより、つゆで浸した柔らかめの方が好きなんですね!なので、じっくりかき揚げを浸したのは正解でした。







さて、時刻は10時過ぎ。ゆっくりと寝ていたので、結構いい時間になっていますね(苦笑)

2017022613







結露で濡れた幕の乾燥させます。今の時期は、やはり結露がすごいですね。

2017022617








荷物を車に運んで、風通しがいいように幕をオープンにします。これで、幕の乾燥も進みますね!

2017022614









撤収完了です。結露でびっしょりだった幕も風があったので、すぐに乾燥することができました。

2017022616










まとめ:

2017022602







キャンプの朝に食べた鬼かき揚げ太うどん。他のスーパーでは、あまり見つけられなかったんですね。たまたま行った西友の冷凍食品コーナーにありました。


鬼かき揚げ太うどんを、食べたいなーという方は、西友の冷凍食品コーナーに売ってますよ!200円程度で販売しているので、非常に購入しやすい値段になってます。








アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!