2017021201

(キャンプブログ:グランベーシックトンネルドーム)






ロゴスから2017年新発売した、グランベーシックトンネルドームXL-AG。販売価格が8万円台なので、割りと高価な幕だなーという印象。



ロゴスのテントは安値というイメージがありますが、そんなことはないですね!このテントも含め、最近は高級な幕の販売もされています。






我が家もロゴスのテントは、保有しています。数年前に購入したものなので、高級幕ではありませんが現在も使用できます。とても、丈夫ですよ!


最近は、ファミリーで行くこともなくなったので、なかなか使用する機会も減りましたが(苦笑)。でも大切な幕です。


安値で買いましたが、今でも現役バリバリの幕ですね!

2016021607







ロゴスのグランベーシックトンネルドームの一番のうりは、色がナチュラルカラーだということ。今はやりのアイボリーですね。


スノーピークやキャパルジャパンを含め、ロゴスもナチュラルカラーに進出してきました。やはり、他の色と比べ白色は売れますからね!





ノルディスクの幕がこれだけ売れると、他のメーカーが追従したくのもわかるような気がします。


ちなみに、ノルディスクのテントはポリコットンですが、グランベーシックトンネルドームは、ポリエステルの幕質になります。





今回は、今年話題になるといいなーと思う、ロゴスのグランベーシックトンネルドームを紹介したいなーと思います。






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









グランベーシックトンネルドーム:

2017021202






グランベーシックトンネルドームの仕様は、下記の通り。見る限り特に残念な所や、ずば抜けて良いなーという所はありません。普通の使いやすい2ルームテントですね。


特徴は、やはり色が白色(アイボリー)ということ。今人気の色ですからね。



仕様:

●主素材:フレーム/7075超々ジュラルミン、キャノピー/スチール、フライシート/難燃性150Dポリエステルオックスフォード、耐水圧2000mm UV-CUT加工、インナーシート/68Dポリエステルタフタ、ブリーザブル撥水加工、フロアシート/150Dポリエステルオックスフォード、耐水圧3000mm、メッシュ/ポリエステル●サイズ:(約)515×290×203cm
●インナーサイズ:(約)270×270×190cm
●収納サイズ:(約)72×33×33cm
●総重量:(約)14.7kg










インナーのサイズは、270×270×190cm。ベストは、大人2人に子供が1人!少々窮屈になりますが、大人2に子供が2人でもいけると思います。


使用するのが、5人以上になるとインナーの中にシャラフが敷けない可能性があるので注意が必要ですね。







インスタグラム:


グランベーシックトンネルドームを購入されて、インスタグラムにpostされている方もおられます。今回は、少し紹介したいなーと思います。






グランベーシックトンネルドームは、タープの連結が簡単にできます。センターのフレーム部分に穴が開いているんですね。そこを通して連結することができます。なので、簡単きれいにタープと合わせることができるんです。

2017021203











インナー部分は大きさがありますが、リビングは少々せまいなーという印象です。ファミリーで広く使いたいなーという方は、お座敷スタイルがおすすめですね。


イスやテーブルをロースタイルにするか、荷物をタープの下に置いて外に出すかして工夫をすると、リビングで快適に過ごせると思います。

さっそく試し張り(*^^*) #ロゴス #グランベーシック#トンネルドーム#キャンプ#テント#アウトドア

Yousuke Ochiaiさん(@yousuke_ochiai)が投稿した写真 -











インナーは、吊り下げ式になっています。インナーを使わず、巨大なスクリーンタープとしても使用可能。雨の日は、やはり吊り下げ式の方が、濡れずに撤収できるのでいいですね!








.
















まとめ:

2017021201





ロゴスのグランベーシックトンネルドームは3本のフレームを通して、設営をするトンネル型のテント!2ルームテントを設営したことがある人なら、割りと簡単に設営ができるかなーと思います。


初めは、1人で設営をするのではなく、2人以上で幕を張った方がいいですね。慣れれば、1人で設営をするのも大丈夫だと思いますよ!


価格が、8万円台と割りと高価な2ルームテントなので購入する際は、お近くのロゴスのショップに見に行かれた方がいいですね。




ロゴス店舗情報:

店舗情報 | LOGOS:ロゴス

 

 





ロゴスのグランベーシックトンネルドームは、ロゴスのテントの保有者として、今年流行してほしいーなと思いました。



以上、「ロゴスのグランベーシックトンネルドームを詳しくブログで紹介します」でした。



アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!