2017021101
(キャンプブログ:メガホーン2)





香港のアウトドアメーカー、ルクセから発売されているのがメガーホン。日本のメーカーではないので、作りが雑じゃないのかなーと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。


実は、我が家もルクセのテントを保有しています。今は、廃版となったトレイルピーク。とても、使いやすかったので廃版は残念でした。




トレイルピークとメガホーンは、同じ幕質!幕質は、安値の割には結構いいと思います。それに、作りもしっかりしているので安心して使えますね。

2016120412






ルクセのメガホーンは、それ程大きくないので1~2人で使用するのがベスト!主に、ソロで使われている方が多いですね。




インスタグラムやツイッターでフォローさせて頂いている方も、ソロキャンプで使われている方が多いですね。主に、ソロや父子キャンプに良いのかなーと思います。





今回は、ルクセのメガホーンを紹介したいなーと思います。




2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








いろいろなスタイル:

2017021702






メガホーンは、スカートがついているので寒い時も安心してキャンプができます。スカートは、ペグが打てるので風が幕内に入ってきません。スカートがあるのとないとでは暖かさが、かなり違うと思います。





幕内は、それ程広くはないので、2人以上で使用する場合はお座敷スタイルがいいのかなーと思います。もちろん、ソロの時でもお座敷にすると広く使うことが出来ます。















幕内で薪ストーブをされている方も多いですね。高さが、220cmもあるので安心して薪ストーブができます。











薪ストーブが無理な方は、石油ストーブだけでも幕内は暖まります。幕が大きくないので石油ストーブだけで十分なんですね。高さがあるので、石油ストーブを置いても安心です。











就寝は、やはりコットが多いですね。メガホーンに付いているインナーはメッシュ。冬場は寒いですからね。


それにインナーを広げると幕の半分を占領してしまいます。広く使いたければ、インナーは使わずコットがおすすめですね。











自作でフロアシートを作られている方もいます。インナーやコットを使わず、そのまま寝れるので広く幕内を使うことが出来ます。虫が少ない季節なら便利に使うことが出来ますね。











虫のいない季節はマットを敷いて、そのまま寝るのもありかなーと思います。これなら、最低限の荷物でキャンプに行けます。

#椿荘#ソロキャン#地べた#フジカ#メガホーン

@kiyobongが投稿した写真 -











まとめ:

2017021101





おすすめは、やはりデザード柄。メガホーンのサンドカラーがおすすめだと思います。デザート柄は、人気があるので現在は数ヶ月待ちとなっています。



購入したいなーという方は、アウトドアベース犬山の公式ホームページで買うことが出来ます。売切れないように早めに予約をした方がいいですね。



アウトドアベース犬山の公式ホームページ
キャンプ用品、アウトドア用品、防災用品、サバイバルグッズ





ちなみに、薪ストーブを楽しみたいなーという方は、煙突ポート付のメガホーン3が発売されていますよ!




以上、「ルクセのメガホーン2で、かっこいいスタイル?!サイズが、ちょうどいいのでソロ向けですね」でした。




アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!