2017012313
(キャンプブログ:桃太郎公園キャンプ場)






桃太郎公園キャンプ場は、とても居心地の良いキャンプ場だなーと思います。サイトは、フリーサイトで場内が広いので好きな所に幕が張れます。区画サイトみたいに、窮屈感ないのでゆったりと設営できるのも良い所!






わたしが、一番気に入っている所は利用料金がバツグンに安いんですね。なんと、テント1張500円です!


500円は、1泊の料金ではなく、1週間までならどれだけ泊まっても、この値段。500円で、利用できるんです。ほんと、安い!


リトルワールドやモンキーパークなど観光施設が多いのでホテルの代わりに連泊して、観光するのもいいですね。






今回は、フリーサイトで居心地のよい桃太郎公園キャンプ場を紹介したいと思います。よいキャンプ場なので、一度も利用したことがない方は、ぜひ参考にして下さいね。






2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









桃太郎公園キャンプ場:

20170122314






桃太郎公園キャンプ場は、木曽川の河川敷にあるキャンプ場です。キャンプ場のすぐ隣が川になっているんですね。



敷地は広く、好きな所にテントを張れます。サイト予約が出来ないので、いい場所を確保したいなーと思うなら早く来られることをおすすめします。






桃太郎公園キャンプ場:



所在地:愛知県犬山市栗栖古屋敷
受付:キャンプ場近くのお土産屋さん
利用料:1張500円(1週間まで)
地面:芝
トイレ:あり
炊事棟:あり
駐車場:あり















受付:

2017012311





キャンプの受付はキャンプ場の横にある、お土産屋さんでおこないます。テント1張500円で、1週間まで利用が出来るんですね。(但し、平日は無料になっています)週末だけ、500円必要になります。




お土産屋さんの中は。いろいろと置いてあるので土産が必要な方は、ぜひ!我が家も、奥さんの実家に購入しました。

2017012312







受付を済ますと下記のような旗がもらえます。これは、受付をしたという証明になるので、ご自身のサイトの見える所に置いといてくださいね。

2017012307







桃太郎神社:

2017012309







桃太郎公園キャンプ場の道を挟んで、すぐ隣りが桃太郎神社になっています。

桃太郎神社は、印象に残る像がたくさんあります。とてもめずらしいので、一度参拝することをおすすめしますね!特に桃の鳥居は、他の神社にはないと思います。

2017012308






桃太郎神社




愛知県犬山市栗栖(くりす)にある神社。犬山市には桃太郎伝説が存在する。全国的にも珍しい桃型の鳥居があるほか、桃太郎のおばあさんが洗濯をした洗濯岩などがある。 毎年、5月5日のこどもの日には桃太郎祭りが開かれる。祭りで披露される「桃太郎おどり」は、野口雨情が作詞したという桃太郎音頭のことである。神社周辺は桃太郎公園として整備されている。道路から、一の鳥居、二の鳥居を経て、石段を上ると、桃型鳥居と拝殿がある。なお、一の鳥居と二の鳥居は、普通の神社にあるような鳥居である。地元では、子どもの健康を祈る神社としての認識が高く、大切にされている。

(ウィキペディアより)














買い出し:

2017012303








桃太郎公園キャンプ場の周辺には、スーパーがあります。なので、現地で購入してもよいですね。



平和堂とイトーヨーカドー、両方ともに10分程度で行けるので、とても便利です。忘れ物をしたなーという時も安心ですね。




平和堂うぬま店:

住所: 〒509-0132 岐阜県各務原市鵜沼西町1丁目426−1
電話:058-370-1111
営業時間:
9時00分~21時00分





イトーヨーカドー犬山店:

住所:愛知県犬山市天神町1丁目1
電話番号:0568-62-8831
営業時間:9時00分~21時00分







お風呂:

2017012301






桃太郎公園キャンプ場から、15分程度の所に市民健康館さら・さくらの湯があります。比較的、近いので便利に利用ができます。それに、入浴料金が安いので家族で利用するには、ありがたいですね。




シャンプーやボディーソープが備え付けられているので、着替えとタオルだけ持って行けば大丈夫です。






市民健康館さら・さくらの湯:


住所:愛知県犬山市前原橋爪山15−2
電話番号:0568-63-3810
営業時間:10時~20時30分(金土は、21時まで)
入浴料金:大人500円、小中学生300円、小学生未満は、無料








トイレ:

2017012305







トイレは、公衆トイレのような雰囲気。綺麗に維持管理されているので、とても使いやすいと思います。




それに、トイレが洋式なんですね。和式が苦手だなーという方は、とてもありがたい。わたしも、どちらかいうと洋式の方がいいですからね。

2017012306







注意が必要なのは、テントを張る所によってトイレが遠くなるということ。現地で確認して、テントを張って下さいね。





炊事棟:

2017012304





桃太郎公園キャンプ場で、唯一残念だなーと思ったのが炊事棟。上記の写真の通り、屋根がありません。雨の日は、非常に使いにくいです。それに、洗い場の間隔がせまい!



洗い場が空いている時はいいと思いますが、混雑すると大変ですね。この日は、人が少なかったので問題はありませんでしたが。





トイレと同様、テントを張る位置で距離が変わってきます。現地で、確認してテントを張って下さいね。








フリーサイト:

2017012338






フリーサイトを利用する場合、無料の駐車場があるので、そちらに車を停めます。




無料駐車場は、道沿いに看板があります。割りと大きな看板なので、わかりやすいと思いますね。

2017012330









道が狭いので、すれ違うことは出来ません。坂を下ってすぐに駐車場があります。

2017012331









駐車場は、それ程広くないので、すぐに満車になると思います。オンシーズンは、キャンプやデイキャンプをする方が増えるので、早めにキャンプ場に来ることをおすすめします。




駐車場の横がサイトになっています。前日は、デイキャンプの方が幕を張られてました。やはり、駐車場から近いので人気があります。

2017012338









我が家が幕を張ったのは、駐車場から近い所、荷物を運搬する距離が少なかったので楽でしたね。

2017012342









奥の方に幕を張られる方は、駐車場から遠くなります。手で運ぶのは、かなり手間がかかるのでキャリーカートなどがあれば、便利だと思いますよ!

2017012341


2017012334









下記の看板で見る通り、駐車場から近いほどトイレや炊事棟が遠くなります。水場が近い方がよい方は、幕を張る場所を工夫して下さいね。

2017012333





桃太郎公園キャンプ場、フリーサイトの動画







桃太郎公園キャンプ場のフリーサイトは、とても広く幕が張りやすいですね。フリーサイトが好きな方は、いいと思います。



ただ、日光を遮るような木がないので夏場は非常に暑いです。日よけのタープは必ず持参して下さいね。



まとめ:

2017012340








駐車場の近くに幕が張れれば、非常に楽です。早く行って良い所を確保することをおすすめします。


テント1張500円。フリーサイトで場内が広く、とても気持ちの良いキャンプ場だと思いました。



以上、「桃太郎公園キャンプ場の全てを詳しくブログで紹介します」でした。




※桃太郎公園キャンプ場は、焚き火や炭を使ってのバーベキューができます。但し、焚き火台やバーベキューコンロを使う必要があります。



アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!