2016112501
(キャンプブログ:ソロキャンプのイス)






ソロキャンプにおしゃれなイスを使いたいという方は、テントファクトリーのウッドラインラウンジャーがおすすめかなーと思います。




ウッドラインラウンジャーの良い所は、それ程高価なイスではないのに作りは、割りとしっかりとしているということ。座り心地も悪くありません。

2016051507






我が家は娘用に購入したんですが、ソロで行く時は必ず使わせてもらってます。最近は娘があまりキャンプに来ないので、ほぼソロキャンプ用になっていますが(苦笑)




折りたたむと割りとコンパクトになるので、ソロキャンプに持って行くのは重宝します。わたしも、ほぼ毎回ソロで使ってますから。




今回は、ソロキャンプに便利なテントファクトリーのウッドラインラウンジャーを紹介したいなーと思います。




2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







ウッドラインラウンジャー:

2016112503






この種の木製チェアで有名なのが、ブルーリッチのチェア!しかし、最近は販売されている所が少なく売り切れが多いんですね。我が家も、ブルーリッチのチェアを考えたんですが断念しました。

ブルーリッチのチェアの良い所は、その木の材質。タモ材を使用しています。



タモ材は、材の強さに硬さがあり頑丈なイスが作れるんですね。タモ材を使用しているブルーリッチのチェアは、割りと丈夫な作りになっています。




そしてテントファクトリーのウッドラインラウンジャーの材質は、ハードウッド。ハードウッドとは、日本語で言えば、「堅木」「硬木」と訳されます。


ハードウッドを使用しているウッドラインラウンジャーは、タモ材には劣りますが割りと頑丈に出来ています。

2016050503






価格が、5000円程度で販売されている割には作りがしっかりしているなーという印象があります。布地も問題なしですよ!

2016050506






たたむとコンパクト:

2016050504





さすがに、バイクで持って行くのは大変ですが、車でソロキャンプをやられるなら全く問題はありません。たたむと、割りとコンパクトになりますよ。


たたむと薄くなるので、荷物の隙間に我が家は入れます。場所も取らないので、とても気に入っています。




重量も3kg程度なので、それ程重くもありません。女性の方でも、簡単に持ち運ぶことができますね。





おしゃれに:

2016112502




今回のソロキャンプは、持ち物を少なくしました。最低限必要な物しかありません。ソロキャンプの場合、片付けるのも自分自身ですから荷物は最小限にします。



しかし荷物を少なくしても、こだわりは無くしたくないなーと思います。やはり木製の製品は、見た目がおしゃれですからね。木のイスやテーブルにすることによって、サイトのイメージがかわります。





ソロキャンプは出来るだけ荷物を少なくしつつ、こだわりを入れるというのが我が家のスタイルです。




テントファクトリーのウッドラインラウンジャーは、木を使用しているのでサイトがおしゃれになりますね。







ウッドラインラウンジャーブラウニーCheck!








まとめ:

2016051304





ウッドラインラウンジャーはソロで焚き火をするのに、ちょうど良いチェアだと思います。もし焚き火で焦がしても、それ程高値ではないので安心ですね。座り心地や高さも問題はないですよ。




初めは、座り心地に違和感がありますが慣れます!わたし自身は、座った感じは、割りと好きですね。けっこう、居心地がよくなります。


テントファクトリーのウッドラインラウンジャーは、ソロキャンプに使うのにベストなイスだなーと思いますね。ソロのチェアを探しておられる方は、ぜひ参考にしてくださいね!





以上、「ソロキャンプのイスをおしゃれに!やはりおすすめは木製ですね!」でした。



アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!