6c531184.jpg
(キャンプブログ:ユニフレームの焚き火テーブル)





キャンプをされている方なら、誰でも知っているテーブル。ユニフレームから発売している焚き火テーブル。とても有名ですね!


焚き火テーブルの特徴は、熱・キズ・汚れに強く、アウトドアでハードな使い方をしても潰れません。とても丈夫なテーブルなんですね。







天板の素材は、ステンレス。ステンレスが使われているので、非常に頑丈なんですね!熱した鍋でも、直接置くことができるので大変便利です。アウトドアに、一番適したテーブルだなーと思います。



今回はユニフレームから発売されている、焚き火テーブルを紹介したいと思います。まだ、購入されていない方は、参考にして下さいね!







2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










焚き火テーブル:


純国産メーカー:

2017050920

 

株式会社ユニフレーム(UNIFLAME )

1985年に創設された、国産アウトドアメーカー
本社は新潟県

ユニセラ、ファイアグリルなどのバーベキュー用品、テント・タープなどのキャンピング用品、その他クッカーなど多様なアウトドア用品を提供しています。






ユニフレームは純国産のアウトドメーカー。国内の企業で本社が新潟県にあるんですね。


新潟といえば、刃物や工具など金物産業がとても有名です。職人の町というイメージがありますね!まさしくユニフレームは、職人の雰囲気をがする会社です。


ユニフレームから販売されている物だから、安心して買える!信頼ができるアウトドメーカーだというイメージが、個人的にはあります。安心して買えるということは、大きなメリットだと思います。








ユニフレームの焚き火テーブルは、わたしも愛用しています。我が家が、本格的にキャンプを始める前に買ったので、10年ぐらいは、使っていると思います。


実際、キャンプでかなりハードな使い方をしていますが、全く傷んでおりません。まだ、何十年も使えると思います。それだけ、丈夫なテーブルなんですね。





ローチェアとの相性は、かなりいいなーと思います。高さもぴったり!非常に使いやすいですね。

2015110916








かなりタフに使える:

2015111011







ユニフレームの焚き火テーブルは、テーブルの表面がステンレスのエンボス加工がしてあります。なので、汚れやキズにはすごく強いんですね!


熱々のフライパンや鍋をそのまま置けます。それに、耐荷重が約50kgもあるので、ダッチオーブンなども問題ないですね。かなり、重たい物まで置くことが出来ます。非常に便利なテーブル!




スタンドを畳むと、天板にピッタリ収まり非常にコンパクトになります。車に積載する時は、荷物の間に置けるのが良い所!場所をとりません。








▮大きさ:



焚き火テーブルの仕様:

【サイズ】
使用時:約55×35×(高さ)37cm
収納時:約55×35×(厚さ)2.5cm

【材質】
天板:ステンレス鋼(特殊エンボス加工)
サイド:天然木
スタンド:ステンレスパイプφ19mm

【重量】
約2.3kg

【分散耐荷重】
約50kg




縦と横の長さは、下記の通り。約55×35cm。

2015111002

2015111003








高さが37㎝あります。それ程、低くないので使いやすいと個人的には思いますね!


天板やスタンドの素材は、ステンレス。火の粉にも強いんですね。なので、焚き火をする時のサイドテーブルにも使えます。1台あると、非常に便利ですね。

2015111009









分解して持ち運べる:

2015111006







上記でも説明しましたが、焚き火テーブルのスタンドを畳むと、とてもコンパクトになります。コンパクトになるので、車に積載する時はありがたいですね。下記のような感じです。


2015111004









見ての通り、テーブルの横にある金具に足の部分がはまっています。

2015111005









金具は、2ヶ所あるのでどちらとも押してやると簡単にテーブルと足の部分が離れます。全く、力はいりません。女性の方でも、大丈夫です。

2015111006









下記の写真の通りに、足の部分とテーブルが分解できます。ここまで、とても簡単!

2015111007









後は、テーブルの中に足をはめてやれば終わり。これで、持ち運べるようになります。非常に便利だと思います。

2015111008












そんな便利な焚き火テーブルなんですが、我が家は2つ保有しています。奥さんとよくキャンプに行くので、1人に1台という感じですね。




特に焚き火テーブルは、1人1台で使用することを、おすすめします。ちょうど、1人で使うのにすごく良い大きさなんですね。使いやすいですよ!

2015111010




















まとめ:
2015110916





焚き火テーブルは少々ハードな使い方をしても、壊れたりはしません。大変に丈夫なんですね。ダッチオーブンはもちろん、耐荷重が約50kgもあるので、かなり重たい物でも上に載せられるんですね。



テーブルの表面には、ステンレスのエンボス加工がしてあります。汚れやキズに強く1台あるとキャンプをする上で、とても役に立つアイテムだと思いますよ。



まだ、持ってないなーという方は、大変おすすめできるテーブルなので、検討してみて下さいね!我が家は、10年程使用していますが、問題なしでした。




以上、「ユニフレームの焚き火テーブル!10年間使用し続けた、使い勝手をブログで紹介」でした。







アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!