(キャンプブログ:鍋焼きうどん)装備さえきっちりとしておいたら割と過ごしやすいのが冬のキャンプ!我が家の場合、冬のキャンプの暖房器具は石油ストーブとカセットガスストーブを併用しています。朝と晩は冷え込むことが多いので電源サイトではない場合は、両方使ってつけ ...

(キャンプブログ:フリーサイト設営)年間50泊程度キャンプに行っている我が家!基本、オートサイトよりフリーサイトの方が多いのかなーと思います。フリーサイトを選ぶ大きな理由は、オートサイトに比べて値段が安く、好みの所にテントが張れるというメリットがあります。 ...

(キャンプブログ:キャンプで寝る時のマット)キャンプで快適に就寝するのは、シュラフの下に敷くマットがかなり大事だなーと思います。きっちりとしたマットがあれば、快適に寝ることができます。シュラフの下に敷くマットは、大まかに3種類に分かれます。ウレタンマット、 ...

(キャンプブログ:カントリーパーク大川)カントリーパーク大川は三重県と奈良県、京都の県境にあるキャンプ場!山奥にあって不便な所ではなく、すぐ横に名阪国道が走っているので比較的アクセスが良いキャンプ場だなーと思います。名阪国道の五月橋ICから約2㎞でカント ...

(キャンプブログ:キャンプで灯油を運搬)寒くなってくるとスクリーンタープやテント内で石油ストーブを使用します。石油ストーブは幕内で暖を取るのに、一番お手軽な暖房器具です。石油ストーブの上に、水の入ったケトルやヤカンを置いておくと幕内が乾燥しません。それに ...

(キャンプブログ)年間50泊している我が家。気温が低い冬場でもキャンプに行きます。冬のキャンプは装備をきっちりとしとけば、それ程寒くありません。自宅にいるより快適に過ごすことが出来ますね!冬のキャンプは、焚き火だけで暖をとるのは厳しいので石油ストーブや電気毛 ...

(キャンプブログ:ソロキャンプの冬装備)オンシーズンは夫婦2人でキャンプに行くことが多い我が家ですが、寒い季節はソロで行くキャンプが増えます。ソロが多くなる理由は、人が少ないのでソロで行ってもそれ程苦にはならないということ。冬場は、ソロキャンプが割と行きや ...

(キャンプブログ:ワンタッチビッグダディ)ワンタッチテントは割と売っていますが、ワンタッチで大型2ルームは今まで発売された記憶はないなーと思います。2ルームの良い所は、幕内で快適に過ごせるということ。快適に過ごせるのはよいと思いますが、設営が結構大変なんで ...

(キャンプブログ:大津谷公園キャンプ場)数年前までは、それ程いっぱいになることもなかった大津谷キャンプ場!最近はたくさん人が来られています。特にオンシーズンは、ほぼ満サイトの状態。遅い時間だと幕が張る場所がない時もあります。人気がある大きな理由は、キャン ...

(キャンプブログ:スカートの固定)暑い時期は風通しを良くする為に、テントやタープのスカートを固定しなくてもよいと思いますが、寒い時期は違います。寒い時期は、スカートを固定することで隙間風を防ぎます。隙間風を防ぐことで幕内の温度が上がるんですね!下からの冷 ...

↑このページのトップヘ